March 30, 2005

春休み


春休みなので、ちびすけは従弟と遊ぶ機会が増えています。
今日もおばあちゃん家で従弟とゲーム中。

勿論ちびにゲームをちゃんとやることはできません。
なので従弟君の方もかなり苛々しているご様子。
それでも、ちびと遊んでくれています。
感謝。


以前この従弟君(もうすぐ小学一年生)が私の母に、
「ちびすけと遊んであげたいけど、どうしてあげればいいのかわからない」
と言ったそうです。
それが私はとても嬉しかった。
従弟君が生まれた瞬間から、ちびすけは彼の一つ年上の従兄であり
沢山の時間を一緒にすごしてきています。
だから勿論、ちびが普通とは少し違うことは知っている。
多分、彼からしてみれば
ちびは不可解でちょっと不気味な存在なんじゃないかと思っています。


だって、言葉は一方通行だし、何を考えているのかわからないし、
小さな従弟君にとっては『ちょっと謎』な存在で当たり前だから。


それでも
歩みよってくれようと
彼なりに色々考えていてくれるんだなぁって
嬉しかった。

ときどき、苛々が高じてちびに酷い言葉を投げつけてしまうことも
勿論あります。
けれどそれがよくないことだと彼自身理解し始めているようにも見えます。
それは従弟君の成長。


ちびすけの存在が従弟君の糧になっている。
でもって兄弟のいないちびすけには、従弟君と遊んだり喧嘩したり
することがとても大切なお勉強です。

お互いがお互いの糧になりあっている二人は
すごく幸せですよね。
誰かのためになれること
それってすごく素敵ですもん。


m-25_67732 at 16:17│Comments(0)TrackBack(0)王子のこと 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
Profile
風花(ちびまま)