April 2004

April 09, 2004

裸の大将

芦屋雁之助さんが亡くなってしまった。

ちびすけの将来を心配するわたしにとって
『裸の大将』は勇気の元だったりする。

知的に障害があっても
何かできる
山下清さんに絵があったように
この子にも何かある
そう思うことが
勇気になる。


あのドラマがなかったら
山下清さんを知ることはなかったと思います。
いつかちびすけも
野に咲く花のように
人を幸せにするような人になってくれるといいな…
ドラマの主題歌を聞きながらそう思っていました。

悲しいな…

April 06, 2004

切ねぇ

養護学校の入学式でした。

なんかねぇ
おめでとうと言われるたびに
複雑な気分を味わってしまった。

めでたいんですよ
それは間違いなく。
小さく生まれたちびすけがでっかくなって
一年生になるんだから、親としてうれしくないはずはありません。

だけどね
心のどこか片隅に
『普通の小学校に行かせてあげたかったな』って気持ちがあって
だから
「おめでとう」という言葉にうれしい意外の感情も沸いてしまう。
ちびすけが大きくなるのが怖いって気持ちもある
ずっと小さいままでいてくれれば
先のこと考えなくていいんだけど…なんて…

だめじゃんこれじゃ…
お母さんとして良くない
そう思う私自身が、ちびすけを色眼鏡で見てることになってしまう。

ちびすけは学校も先生も気に入ったらしくって
かなりはしゃいでました。
私も気持ちを切り替えて、明日からのちびすけの学校生活が
有意義なものになるように
お手伝いしなくちゃいけないな…

とはいえ
やっぱ
切ねぇ…
心の切り替えは昔から苦手だったりします。

いやいかん
がんばらねば!

April 05, 2004

明日は入学式

とりあえず
明日はちびすけの入学式。
養護学校は家からちょっと遠いから、朝が早いのが心配ながら
春休みが終わることにほっとしていたりします。

できないことの方が多いけどできることも増えてきたし
学校へ行きだしたらお話もできるようになるかもしれない。
自分で出来ること、それから誰かのために出来ること
色々増えるといいなと思います。

Recent Comments
Profile
風花(ちびまま)