June 2004

June 28, 2004

亀弥太

こうさぎさんは
エントリの投稿をしてくれるみたいなんですが
亀は未だになんも書いてくれないです

どうもNews Handlerで飼っているこうさぎちゃんは
なかなか書いてくれないという話です

で、
成功しているブログさんを参考にしつつ
設定をいじってみました

書いてくれるといいなぁ
すっげぇ楽しみにしてるんですよ、私

参考にさせていただいたブログさん
『こうさぎはんどらー』

News Handlerでこうさぎちゃんを設置する方は
迷わずGO!です。


いじめのこと

姪っ子が
学校へ行けなくなってしまった。

どうやら原因はいじめらしいんだけど
それがなんとも腹立たしい話で

もともと昨年同じグループにいた[A]さんに
意地悪されているらしいのだ。
でもってこの[A]さんの名前を
前にも聞いたことがあるなぁと思って
姪っ子によくよく話を聞いてみると
その子は昨年別のグループからつまはじきにされて
姪っ子に泣き付いて来た子だった。
つまり、姪っ子にしてみたら
去年助けてあげた子に、今意地悪されているというわけで…

これって酷いと思いませんか?

いやね
別に
『恩を仇で返すなんざぁ、許せねぇ』

言っているわけではないんですよ
言いたいけど、言わない
だってその時[A]ちゃんを救ってあげたいと思ったのは
姪っ子の勝手だもん。
姪っ子の判断でしたことまで[A]ちゃんにおっかぶせる
わけにはいかないでしょう。

私が酷いと感じるのは
いじめられる痛みを知っているにも関わらず
それを人にしてしまう[A]ちゃんの行動のこと
酷いというか
切ない

人は痛みを知ることで
優しさを覚えていくものだと思っていました


どうやらそんな私の考えは
非常に甘いものらしい…

このことについては
まだ書きたいことがあるので
また書きます。


June 27, 2004

ばか親日誌 その6


ちびすけ入浴の図

なんとも間抜けな感じではあるが
これがちびが退院してからしばらくの間続いた
入浴方法だったりする。

病院の沐浴槽ってのは二つに分かれていて
片方を上がり湯に使うようになってるんだけど
家にはそんな便利な物はありゃしない
かといってお湯の中で石鹸をつかうから
そのまま身体を拭いて洋服着せるわけにはいかない
それで考えついた苦肉の策が
バケツ風呂だった。

気持ちよさそうでしょ(笑

この入浴方法は私の姉の
「何やってんの、寒いじゃん。かわいそう」
の一言により終わりを告げたのだが
(その後は普通のお風呂に入れた)
ちびはそれを残念に思っていたに違いないと
今でも私は信じている。


この頃のちびすけは
よく泣いた
まぁ赤ん坊なんだから当たり前なんだけど
助産婦さんに
『この子夜泣きすごいから覚悟しておいてね』と言われて
ちゃんと覚悟していた私でも
「なんじゃこりゃ」
と思うほどだった

赤ん坊って疲れないの?
てな疑問が毎晩私の頭に浮かんだ。
だって泣き出すと朝までずっと泣いてるんだもん
何時間もなき続けて声が嗄れても
まだ泣いている
泣きすぎてミルクを吐く
私は頭からミルクまみれになりつつ
呆然とただちびを抱っこしている
でもって気づくと朝になっている
そんな日々が続いた。

今赤ちゃんがいて
夜泣きに泣かされているお母さん
もしだれかが
「三ヶ月すぎれば楽になる」とか
「一歳までにはおさまるよ」とか
言ってくれても信じちゃいけない
ちびすけの夜泣きは
幼稚園に入ってもつづいていたから

さすがに一晩中泣いていることはなくなったものの
毎晩必ず一度か二度は起きて
おお泣きしてました

ただ
ちびすけの場合は
睡眠時無呼吸症という原因があったから
らしいんですけどね

夜泣きする赤ちゃんに負けずに付き合うには
赤ちゃんが寝ているときに
お母さんも寝ちゃうしかないかもしれない

家事も旦那もほっといていいと思う


じゃなきゃ身が持たない

June 22, 2004

ばか親日誌 その5



写真でちびすけが着ているのは
男の子だとわかったときに
通信販売で購入した一張羅
所謂「セレモニードレス」というやつだ

できれば現物を見て選びたかったのだけど
ずっと病院で缶詰になっていた私にはできなくて
仕方なく通販
赤ちゃん用の燕尾服なんて始めてみたけれど
とても可愛かった…服だけは

実はちびすけ
肉付きが悪かったせいもあるのか
赤ちゃんらしいほんわりしたお顔をしていなくて
ひらひらフリルが全然似合わなかった。
それで思わず私の口から漏れた呟きは…
「…すげぇ妙…」
いつもながら口の悪い私を誰も咎めなかったから
きっと母もちびの父親も同じ感想を持っていたんだろう

とにかく
生まれてから23日目の97年10月25日
ちびすけは体重2650グラムで退院した。

それまでの三週間
ちびすけは数々の検査を受けた。
お腹の中で大きくなれなかった原因を知るため
それから身体的に何か問題がないかを調べるため…

胎内での成長が遅れていたこともあって
お医者さんが一番気にしていたのは
脳のことだった
脳の形状を見るためにCTを撮って
異常がないと言われたときは
とてもほっとしたのを覚えている。

ちびが退院した日
今日からは夜中にちびが死んでしまう夢を見て
飛び起きることもないんだと、とてもうれしかった
24時間ずっと一緒にいられるんだと
本当にとてもうれしかった。


June 15, 2004

生傷

子どもっていうのは
やたらと怪我をするもの
うちのちびも大概そそっかしくて
今も鼻の頭に火傷の痕と
顎に擦り傷をこさえています。

あとは体中に引っかき傷ができていて
これは汗っかきのちびが
自分で引っかくからなんだけど

どうやら学校の先生に
嫌んな誤解を受けてしまったみたいです(泣
ええ
虐待ですよ、虐待

それで先生と色々話したのだけど
時々あるみたいです。
虐待を受けているお子さんを
受け持たれること…

お子さんがいらっしゃる方はお分かりかと思いますが
子どもってすっごく腹が立つことをしますよね?
『悪戯』というにはあまりにも酷いこと

ちびの場合は
最近はなくなったけれど
ちょっと前までは
台所で折角作った鍋の中身を床にぶちまけて(わざとですよ)
こねくりまわしたり
台所で水をだーだーと流して
家中びしょぬれにしてしまったり
(床上浸水みたいになりました)
もっとすごいこともあったんだけど
お食事中の方がいらっしゃるといけないので(いないと思うけど)
自粛・・・

でもってちびのようなお子さんは
それが健常なお子さんより長く続くようです。
普通のお子さんが四歳くらいの頃にした悪戯を
今している。
でもって
四歳児よりも背も高いし力も強い
「そんなことしちゃだめだよ」って止めたくても
お母さんの体力ではなかなか大変です。

苛々が高じることも、私自身多々あります。


どんなことがあっても
子どもに手を上げるのはよくない
それはわかってるし、ましてや子どもに怪我をさせるなんて
言語道断だとは思うけど

そうしてしまった
そうなってしまったお母さんを
ただ責めることはできないなぁと
そう思いました。

もっとね
周りの人に頼っていいんだと思う

それは子どもが健常だろうと障がい児だろうと関係なく
子育てを一人でするのって
大変だもん

お母さんたち
あんまり無理しないで
一人で抱えこまないで
誰かに頼ってしまいましょうね

っていうのは
自分に対しても
いつも言っていることだったりするんだけどね




June 08, 2004

悲しくなる

実は本日おもいきり寝坊をいたしまして
いつも王子をスクールバスに乗せてもらっている
バス停に間に合わなかったんですよ。

なので
車で次のバス停まで送っていきました。

そこからは
六年生の女の子が一人乗るみたいで
バスを待ってる間
そのお母さんとちょっと話しをしてました。

その子は
最初は普通の小学校へ通っていたそうです。
だけど
入学式を終えて初日から
ひどいいじめを受けていたと
仰ってました。

初めて一人で学校へ行った日に
スカートのポケットに
泥だらけの石をぱんぱんに詰め込まれて
帰ってきたり
折角おばあちゃんが用意してくれた
ぴかぴかのランドセルを
カッターで切られてしまったり…

誰がやったかは
わからないんですよ
注意しようにも

お話しできないから
誰も見ていない場所でされた意地悪は
告げ口すらできないんです

それがわかっててやってるんだろうから
ほんっと
性質が悪い

知的に障害があるそのお子さんより
性格に障害があるいじめっ子の方が
ずっとずっと不幸だと思いますけどね…


その子の笑顔がすっかり消えてしまって
心配したお母さんは
色々考えて
養護学校への転校を決めたそうです。


今は毎日
にこにこして学校から帰ってくるって
仰ってました。


わが子の成長を促すためにも
できれば健常なお子さんとも
一緒に遊ばせてあげたい

だけど
怖くてできないです…


June 04, 2004

睡眠時無呼吸症

ちびすけは一度手術で
扁桃腺とアデノイドをとってるんですが
アデノイドの方が
また肥大してきているようで
再手術することになってます。

夏休みに入院なんですけど
これは
睡眠時無呼吸症の治療なんですよ

眠っている間
一時間に何度も呼吸が低下していて
(そのうち何度かは止まっている)
血中酸素濃度ってのも低くなってるんです
つまり
彼は生まれてから今まで
ぐっすり眠ったことがないわけです。

赤ちゃんの頃から
やたらと夜泣きをする子だったんですが
それもそのせいらしいです

で、
もしお子さんが
夜泣きが治まらないとか
いびきが酷いとかでしたら
一度ちゃんとお医者さんへ行かれることを
お勧めします。

無呼吸症って
へたすると命にも関わってくるものだから
早めに受診して
治療をしなくちゃいけないです。

入院…
本人は今から既に
やたらと張り切ってます
24時間私とべったりしていても
誰も怒らないし
術後は好きなゼリーだけ
食べてればいいし

痛かったことは
すっかり忘れているようです。
子供って楽しいことの方が
ちゃんと覚えているんですね



Recent Comments
Profile
風花(ちびまま)