August 2004

August 31, 2004

アルジャーノンに花束を

さっきから隣の病室で
看護婦さんに向かって悪態を吐いたり
泣き喚いたり
挙句の果てに
『たーすーけーてー』
『だーれーかーたーすーけーてー』って
おばあちゃん…

それで私の心は乱れまくってます。
哀しいとか
切ないとか
腹が立つとか
色々で
胸が締め付けられる…

人は歳を取ると
赤ちゃんに戻るってぇのは本当だなと
思ったりしながら
ちびの顔を見て

この子は多分一生涯を
赤ちゃんのままで過ごすのだろうと考えたりして

どっちが幸せ?
持っていたものをだんだん失うのと
最初から持たないちびすけと…


なんにしろ
神様って残酷だね


August 26, 2004

子どもの寝顔(こうさぎ)

きょうLastjudgmentで、喘息も入院したよ♪
大丈夫。

*このエントリは、こうさぎの「亀弥太」が書きました。

August 20, 2004

子どもの寝顔

夜中にふと目が覚めて
隣に眠るちびの顔を見る

その日一日
何度怒ったかを思い出し
一人反省。。。

叱ることはしつけの上で必要だとは思うけど

そこに愛情はあったかな
感情に任せて
怒鳴っただけじゃなかったのかな

何より
本当に叱らなくちゃいけないようなこと
この子はしたかな…

ごめんね
お母さん
また八つ当たりしてたかも

不安定な心を抱えた私は
お母さんでいる資格がない
ちびの寝顔を見ていると
いつもそう思う



August 18, 2004

お母さんありがとう(こうさぎ)

きょうLastjudgmentの、2したかも。
まずはLastjudgmentの、ちびが生息するはずだったみたい。
できょう、睡眠されたみたい…
できょうはここへLastjudgmentはヤツとか睡眠したいなぁ。
実はきのう、アデノイドが養護するはずだった。
無理。

*このエントリは、こうさぎの「亀弥太」が書きました。

August 12, 2004

家庭訪問(こうさぎ)

亀弥太は、Lastjudgmentと学校を8した。
大丈夫。

*このエントリは、こうさぎの「亀弥太」が書きました。

August 10, 2004

お母さんありがとう

普通版の日記にも貼ったけど
2ちゃんねるの某スレッドに貼られていた
フラッシュを見て
大泣きしてしまった

「ありがとう」って言いそびれたヤツいる?

どんなフラッシュかは見てもらうとして


私は言えてるかなぁって思った。
『ありがとう』とか
『大好き』とか
『ごめんね』とか。。。

私の仕事の都合で
母にちびを預かってもらうことが最近とても多い
そのたび「ありがとう」とは言っている

でもそれって
ちゃんと心からのありがとうだったかなぁって
そう考えると
そうじゃない気もする

ただ反射的に「ありがとう」っていう
音だけを口に乗せてる気がする

感謝する気持ちは
勿論あるんだけど
それ以上に
忙しいとか疲れているとか
そっちの方が大きくて

心からの言葉で
「ありがとう」って
言ってないかも。。。

別にありがたくもないのに
「ありがとう」って言っちゃうときもあるしね

それって
やっぱしよくないかもしれない

『ありがとう』とか
『だいすき』とか
『ごめんね』って言葉は
もっと大事にしなくちゃいけない

そんな気がした。


August 05, 2004

入院予定

今日病院へ行って
改めて手術の日を決めてきました

8月の25日に入院して、27日に手術の予定

実は25日26日は
USJへ行く予定だったんですよ
ちびの今年の夏休み最大にして
たった一つの楽しみだったんですけど
駄目になっちゃいました…

そういえば
もともとの予定だった2日は
ちびが大好きな学校の全校登校日だったんですよねぇ
なんてついてないんだろう、ちびったら…

手術までは風邪とか喘息とか怖いので
あんまり遊びにもいけません

うーん
一年生になってはじめての夏休み
ちびすけには
あんまり楽しい思い出を
作ってやれそうにありません。

残念


家庭訪問(こうさぎ)

亀弥太が判定♪
好き。Lastjudgmentは、
先日、養護学校の先生が家庭訪問さ橘鐶先ました。


養護学校の先生が家庭訪問さ橘鐶先ました。


養護学校の生徒って
色んな場所から通ってきているみたいです。


ちびすけは
なかなかがんばっているみたいです。


ちびすけは一

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「亀弥太」が書きました。

August 03, 2004

子どもって難しい

手術できずにお家に帰ってきてしまいました。

本当なら昨日手術の予定だったんですが、
ちびがいきなり熱を出してしまったんです
おまけに喘息の兆しもあったりして
先生曰く
「無理して手術して瀕死の重傷になっても困るし」
だそうです。
でもって
「子どもの手術予定の三分の一はこうして流れる」
ですって。

うーん
ここ半年ほどは
殆ど熱も出てなかったんだけどなぁ…
子どもって難しいですねぇ

うちのちびは
遠足の前とか
明日から旅行とか言われると
興奮のあまり眠れない子です。
子どもって多かれ少なかれ
そういうところありますよね。

ちびは小さい頃から色んな検査を受けていて。
その多くが睡眠剤を使用して
眠らせてからの検査なんですが
ある日検査を受けに病院へ行くと
ちびがどうしても睡眠剤を飲もうとしないんですよ。
まだ三歳頃だったと思うんだけど
液体のお薬を絶対に飲まない。

仕方なく泣き喚くちびを
母と二人で押さえつけて
無理やり流し込んで飲ませたんですけど
今度は眠らない

絶対寝るもんかって雰囲気を漂わせて
まっすぐ歩けなくて転んでも、壁に激突しても
それでも眠らないんです

そのうち痺れを切らせた先生が
「今日は無理そうだから、日を改めて検査しましょう。今日はもう帰ってもいいですよ」
そう仰ったんですけど

その途端でした
ちびは床にぱたりと倒れ込んで
ぐーぐー…

眠ると検査されるってわかってたんでしょうねぇ…
検査、怖かったのかもしれない。

今度の手術も
二度目だから、やっぱり怖かったのかなぁって
そう思います。
喘息や熱ってストレスが原因になったりすること
ありますから。

とにかく
五日の日に診察に行って
手術の日取りは改めて決まりそうです

夏休みは、どこにもいけないかなぁ…



Recent Comments
Profile
風花(ちびまま)