December 2004

December 31, 2004

平成16年

今年は
ちびが一年生になったり
ブログを始めたり
お人形趣味にはまったり
いろんなことがありました


ネット上で胸が痛くなるような言葉を
目にしたこともありました。
それから自分の中の汚い部分に気づいて
愕然としてしまったりもしました。


全部が何かを考えるきっかけになってくれたし
それがちゃんと身になったかはわかんないけど
実生活でもネット上でも
いろんな方に出会えて、とても嬉しかった。


来年もたくさんの出逢いがあればいいなぁ…


本年は色々とお世話になりました。
いつも読んでくださる方
たまたま今日このページを開いてくださったかた
来年もよろしくお願いいたします。


風花(ちびまま)

December 30, 2004

続 父親

私の父は
ちびすけを愛せない人です。


私の姉にも子供が二人いて
二人とも健常なわけなんですけど、
この二人とちびすけに対する態度が
明らかに違う。


二人が遊びに来ているときは、リビングで一緒に
テレビを見たりしています。
けれどちびすけが遊びに行くと
彼は自室に逃げ込みます。


同じ悪戯をしても
怒り方が違う

私の被害妄想かなぁとは思っていたんですが
母が同じように感じていたらしく
最近父と口をきいてないらしい…


私の父は完璧主義者なところがあって
私が子供の頃も
いい中学、いい高校、いい大学へ行くこと
それを強く望まれていた気がします


父にとって知的障害児であるちびすけは
規格外なんだろうなぁと、
そう思っています。


それでもね
ちびは嫌われていることを知っててなお
おじいちゃんに愛されたいんだよ
だから
わざとちょっかいをかけに行く
そしてまた苛立った父に
怒鳴られて、酷いときは馬乗りになられて叩かれて
泣くことになる。

父には聞こえないんでしょうね
ちびの心の声
「僕を見て、僕を愛して、僕を差別しないで
 僕はおじいちゃんが大好きだよ」


ねぇお父さん
だから私は
貴方を愛せないんだよ?


December 22, 2004

脳(こうさぎ)

亀弥太が募金♪
できょう、Lastjudgmentは中越で生活したいです。
実はきょう亀弥太はLastjudgmentは本が1するつもりだった。
そして亀弥太が現地がチェックするつもりだった?
めった。Lastjudgmentは、
人間の脳って
本当に不思議なものだと思う。


父の具合が悪いことは先日書かせていただいたんですけど
「ひらがなの『あ』ってどんな字だっけ?」って返したんですけど
「ひらがなの『あ』が書

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「亀弥太」が書きました。

m-25_67732 at 10:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

December 17, 2004

SPAMメール

SPAMにも色々あるけれど
さっき来てたのはちょっと気持ち悪くなっちゃいました。

『真剣なお願いがあります。貴方の精子をください!
 子供が出来なくて困ってます。』

こんな書き出しで始まるメールなんですけど
最終的には悪徳出会い系サイトへと誘導しているという。。。

他には『彼氏と別れたばかりです』とか
『寂しい主婦』なんてぇのが多いみたい。

そういうのは見分けるの簡単なんですけど
やっかいなのが
『最近メールくれないけどどうしたの?』系
その手のSPAMは純真な方には間違いメールに思えたり
するらしいです。

ときどきブログさんとかサイトさんの日記とかで
間違いメールに返信したなんて記事を見かけると
心配になります。

それ、SPAMじゃねぇの?って

間違いメールを送られてきたら
その相手のことを思って『間違いですよ』って
返信しちゃいたくなりますよね。
でも止めておいたほうがいいみたいです。

ちなみにSPAMメール
メール文章をGoogle検索かけると
面白いほどに沢山引っかかってくるので
一度お試しください。

試しに上記のメールで検索した場合のページが
こちら

まぁわかってる人が殆どだとは思うんだけど
らすじゃじ閲覧者さんにはお若い方が多いので
念のため…

最後にこちらを紹介させていただきますね。

『新・変なメールを受け取ったら?』

インターネットって結構怖い場所なんで
それぞれが自衛することをちゃんと考えないと
だめだよねぇ…

December 15, 2004

親子給食



実は昨日ちびすけの学校の親子給食の日だったんですよ。
授業参観の後で一緒に給食を食べるという…

意外と美味しかったです。
で、びっくりしたことにちびすけが
ちゃんとお箸を使って食べていたんですよ。

家では手が出るんですけど
学校では殆どそんなことはないらしい…
やっぱり家だと甘えてるんでしょうかねぇ…

授業も驚くほどおりこうさんに聞いてました。
知らないうちにできることも増えていたようで
嬉しい驚きとともに
なんで家ではやってくれないんだと不思議になるやら
腹立たしいやら…

一時間目の授業中に緊張しすぎたのか
お漏らしをしてしまうという失態はあったものの(笑
あとは及第点どころか
満点のいい子でがんばってました。

何より私の姿を見つけた瞬間
すごく嬉しそうに飛んで来てくれたことが
すごく幸せでした。
やっぱり子供って可愛い…

その後先生と個人懇談があったんですけど
ちびすけは「喋れない」ということに
すごくコンプレックスを感じているようだと
仰っていました。
どうやらお友達がだんだんお話しできるようになっているみたいで
自分だけ遅れていくのが悔しいみたいです。

要求したいこと
伝えたいことが色々増えて
私もわかってあげられないことが多くなっているので
彼にとって「言葉を持たない」ことが
大きなストレスになってるんだろうなぁ…


December 14, 2004

石橋


『石橋を叩いて渡る』
さっき読んでた本に出てきた言葉。
よく耳にする言葉ですよね。

で、大辞林によると
『〔堅固な石橋を、さらにたたいて安全を確かめてから渡る意〕
用心の上にも用心をする。』
とまぁその意味も誰でも知ってると思うんですが…

その文字列を見た瞬間
私の頭の中に一枚の絵が浮かんできました。

すごく深い渓谷に一本の石橋があって
自分の目的地に行くにはそれを渡っていくのが一番近いという…

でね、
すごくどうでもいいことで、
更に上に書いた諺とは全然関係ないんだけど
この状況下でどうなるかって
人によって色々あるだろうなぁと
考えてしまったんですよ。


石橋を叩いて注意しながら無事渡りきる人
心配のあまり石橋を叩きすぎてぶち壊す人
なんの注意もしないで自然にひょいひょいっと渡り切れてしまう人
やっぱりなんも考えずに渡り出して途中で石橋が崩れちゃう人
石橋が落ちるかもしれないと心配になって、仕方なく回り道を探す人
石橋の強度は心配だし、かといって別の道を探すのは面倒だから
目的地へ行くのを諦めちゃう人
あとは石橋を渡り始めて真ん中あたりで突然怖くなって
行くことも戻ることもできず立ち往生しちゃう人
さらにやっぱり真ん中辺りまで渡って同じように恐怖を感じ
この先どっちに行くのもうまくいかない気がして
怖いとずっと思っているよりいっそのこととそこから飛び降りちゃう人
とか…


最後の人は極端に見えるけれど
私は実はそのタイプ(笑
怖い思いを長くするより一瞬で終わりたいと思ってしまう。

まぁ結局根性もなんもないってことだと思うんだけど…


流石に命がかかってれば
も少しなんとかがんばれるかもしれないけれど
そうじゃない場合は長く不安の中にはいられない
それくらいなら最初から最悪の結果へ自分から飛び込んじゃう

多分そういう人には
どんなことも成し遂げることは困難なんだろうなぁ。。。

いや、ほんとにどうでもいいことなんですけどね。

December 08, 2004

男の子




だなぁと思った瞬間

やっぱり電車とか車とかバイクとか
機械物は好きみたいです。

ちびすけみたいな子は
多分免許を取得することはないのだろうけど
できることなら自分の手で
運転させてあげたいなぁ。。。

Recent Comments
Profile
風花(ちびまま)