October 2005

October 28, 2005

日立グループ館


日立グループ館

日立館は一度だけ
ネット予約ができて見ることができました。

メインショーである
ユビキタス・エンターテインメント・ライドってのは
やり方をちびが理解できるかどうか
非常に不安だったんですが…

やっぱり今ひとつ理解するのは無理でした。
スコープを覗かないと
見えていた動物がいなくなっちゃうってことが
どうもわかんないみたいで
仕方なく母がずっとちびの目に
スコープを当てていてくれました。

それにしても
最初スコープを覗いてキリンを見ていて
はずしてしまったときの顔は
かなりのお間抜け顔で面白かった(笑
「あれ?どこ?」みたいな…

子供たちが
今絶滅しようとしている希少動物を
守っていこうと
明確な意識をできたかどうかは私にはわかんないですが
そういう「人」の都合で消えてしまいそうな命があるってことを
教えることには意義があると思います。


October 13, 2005

自然破壊



愛知万博のこと
何から書こうかなぁとふらふら人様のブログだのを眺めていたら
ちょっとびっくりしたことがあります。

それは
結構たくさんの方が
「自然破壊して作ったパビリオンなんか見る価値なし」
と仰ってること。

愛・地球博のメイン会場は長久手ってとこにありました。
でもってその場所は
もともと「愛知青少年公園」という
『人工的』で『巨大』な公園でした。

愛地球博役立ち情報
こちらのブログの
愛地球博の無駄知識 へえー へえー
のエントリを見ていただけば一目瞭然なんですが、
長久手会場はこの青少年公園を余すところなくうまく使用して
作ってあったわけです。

IMTSの走っていた道
子供のころ自転車でがんばって走ったのを覚えています。
マンモスラボ
温水プールに家族で泳ぎに行ったこと、覚えています。
わんぱく宝島
あの建物の中で今となっちゃ笑えるくらいにちゃっちいロボットを
夢中になって眺めてたのを覚えています。
(ちなみにそのちゃちいロボットたちは今もわんぱく宝島にいました)

まぁ
ほんの少しの自然破壊もしていないと
私も幻想を抱いているわけではありません。
けれど『自然破壊』だと声高に訴える方々の中で
青少年公園のことを知っている方が少ないのも事実です。
あの広大な長久手会場が森林を伐採して作られたと思ってらっしゃる…

つまりね
本当のことは知らないけど
当初もめてたから「愛知万博は自然破壊の万博」だって
いまだに言ってる人が多いのよ。

そう思い込んでいる人に本当のことをわかってもらっても
だから何?なんですが、
当初予定地だった『海上の森』を
がんばって守った人たちに対しても
それってちょっと失礼じゃないか?と思ったりしたので
書いてみた。

海上の森には
今もオオタカが飛んでいます。
時間できたら、お弁当もってちびすけと行きたいなぁ。。。

もちろん
ごみはちゃんと持ち帰りますよ〜

Recent Comments
Profile
風花(ちびまま)